スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻痺のある椎間板ヘルニアは鍼だけで治るのか?

こんにちは。獣医師の田中です

椎間板ヘルニアは、薬やだけで治るのか??

インターネットや友達からの話では、治ったていうことを聞いたこともあると思います。

実際はどうなのか・・、結論はわからないです。
適応症例がはっきりすれば、効くのではないかと思いますが、現段階では、どの状況が適応なのか分かっていないので、麻痺がある状態でのいきなりの治療はお勧めできないと思います。

というのも、椎間板ヘルニアはどんな治療をしても麻痺が治りにくい種もいます。
また、症状が痛みだけでも、CTMRIを撮れば、大量の椎間板物質が出ていることもあります。

逆に、椎間板物質は全然でていないのに、膀胱麻痺まで至るような完全麻痺があったりします。

脊髄軟化症も椎間板物質の出ている量に関係なく起こってきます

治療が、それ以外の治療をした症例群と比較して、有効であったデータは探したところ見つけられませんでした。治療単独で治ったとしても、治っていない症例は表に出ていないだけで、治ってないほうが多いのかもしれません。当然、これを証明することもできないので、結局、が効果あるか、「わからない。」という結論に至ります。

これらのことを考えると、麻痺がおこった状態で、いきなり鍼治療だけ、または薬と併用で様子を見ることはお勧めできないと思います。獣医としては、エビデンスのある、より治療効果があると思われるものをお勧めすることになります。

椎間板ヘルニアの神経へのダメージは長引けば長引く程、回復しなくなります。
実際、他院で麻痺がある状態で様子を見ていて、検査すると軟化症になっていた子もいますし、もうちょっと早く手術していたら・・、という子もいます。

そのため、当院では状態把握と必要であれば速やかな手術PLDDのため、麻痺がある状態ではCT,MRI検査をお勧めしています。もし手術が必要であれば、手術中も透視やCTを撮り、椎間板物質の位置確認や完全摘出の確認をしながら、確実な手術を行っています。また、手術と同時にPLDDを併用して、再発予防も行っています。

また、当院ではどんなにCT,MRI、手術の予約が入っていても、お待たせすることなく、検査をできるよう、人員を配置していますので、CT,MRIが必要であれば、一度ご相談ください。

スポンサーサイト

半導体レーザーの導入ーPLDD(椎間板ヘルニアのレーザー治療のために)

こんにちは。獣医師のTです。まだホームページの更新作業が終わらないので、ここで設備の紹介をしてみようと思います。

最近、本院で導入されたのが、「半導体レーザー」です。当院で一番利用頻度の高いのが、PLDD椎間板ヘルニアレーザー治療)です。当院ではCT,MRI撮影後、軽度のヘルニアの時や外科手術との併用での再発防止に使用しています。大阪動物病院PLDDをできる施設は少ないのではないでしょうか?


この機械は先端(プローブ)を換えることで、PLDD以外にも、外科手術時のシール切断、緑内障治療、歯周病治癒、疼痛緩和、創傷治癒の促進、がん温熱療法レーザーサーミア)、蒸散などの処置が可能になります。

この機械の導入により動物に負担をかけない治療が可能になり、QOLの向上が可能になりました。

当院ではあらゆるプローブを揃えており、いかなる病気にも対応できるようにしています。

CT、MRIの有用性

おはようございます。 獣医師のTです。

ブログを書く担当になり、診察の合間をみて書き続けてます。

CT,MRIが当院に導入されて、撮影を続けていますが(実はCT,MRI担当獣医師の一人です)、有用であることが多々あります。

病気は基本的に確定診断をつけてから治療をしないと全然治らなかったりして大変なことになります。

たとえば、後足が立てなくなって麻痺が起こっているとき、即椎間板ヘルニアと診断するのは怖いときがありま

す。似た症状を出す病気として、椎間板脊椎炎、脊髄炎、脊髄梗塞、脊髄軟化症、あるいは筋肉の病気、血栓塞栓

症などがあります。病歴、経過、犬種、臨床症状からある程度は狙いを絞れるのですが、上記の病気はそれぞれ、

予後(病気の転帰)や治療方法が違ってきます。そのため、確定診断を下すことが必要になってくるのです。

中には治らなくて進行する病気もあれば、治療が遅いと一生そのままという病気もあります。

CT,MRIはこれらの病気の鑑別ができるので、撮影ができる状況ならしたほうがいいと思います。

動物病院では撮影できる場所が限られているため、撮影できる施設をいざというときに知っておくと便利だと思います。

当院でも、やはり遠くから来られている患者様もおられます。たとえば、香川徳島愛媛岡山兵庫、和歌山、三重など・・・。

そういった期待に応えられるよう、がんばっていこうと思います。

今日の病気

こんにちは。 獣医師のSです

今日は椎間板ヘルニアのワンちゃんが来ました。歩き方はふらついていたものの、かろうじて歩ける状態でした。

そこで、CT,MRI検査を行ったところ、ハンセン2型の椎間板ヘルニアと診断。今回はレーザー治療(PLDD)の適応と判断し、CT,MRI検査後そのまま治療を行いました。

椎間板ヘルニアはその突出している椎間板の状態で、ハンセン1型と2型に分けられます。ハンセン2型は椎間板物質

(髄核)が繊維輪から飛び出ない状態のヘルニアで、レーザーで髄核を焼くことで手術よりも体に負担をかけずに

治療をすることができます。


今回はその適応でした。今まで当院でPLDDを行った子たちはみんな痛みもなく元気に帰っていきました。


今回も元気に帰ってくれたらいいなあそう思う今日この頃です。

PLDD2.jpg
PLDD

椎間板ヘルニア②

こんにちは

今回は前回の続きで、椎間板ヘルニアのお話をさせていただきます


治療
検査の結果によって治療法は異なりますが、症状が軽度の場合や麻痺が見られない場合は内科的治療で経過をみることもあります。その場合は、ステロイド治療を行います。

万が一外科的治療が適応になった場合は、全身麻酔をして椎間板の突出部位を丁寧に取り除く外科手術を行います。

外科手術ともなると大きな手術になりますし、抵抗のある飼い主様も多いと思います。

しかし、症状がどんどん悪化してしまう前に思い切って手術をすることも、予後の為には大切な決断となることもあります。

※また、椎間板ヘルニアを起こした犬は、一度治療が成功した後でも別の部位でヘルニアを起こす率が高いので再発に対して注意が必要です。


予防
太らせすぎない。
肥満は様々な病気を引き起こします。椎間板ヘルニアも肥満の子は要注意です。

痩せすぎも注意!
上記と矛盾したことを言っていると思いますよね実は、太りすぎも良くないのですが、痩せすぎの子も椎間板ヘルニアはなりやすいんです

痩せている子は支えている筋肉も痩せてきてしまう為、椎間板ヘルニアに関してはややぽっちゃりしている子の方がなりにくいと言われています。
実はコレ、あまり知られていない情報だったりするんです

高低差のある運動は避ける。
ベットから飛び降りる、よくジャンプする癖のある子は要注意です。

抱き方に気を付ける。
わんちゃんを抱くとき、両脇の下だけを持ち上げて抱く抱き方はあまりオススメしません。

しっかり下半身も上半身も支えて抱くようにしましょう

 
椎間板ヘルニアはなりやすい子もいますが、生活スタイルの改善でもある程度防げる病気です。

万が一症状が疑わしい、色々心配なことがあるなど、お困りのことやご質問などございましたいつでも診察室にて獣医師へお気軽にご相談下さい

NEXT≫
プロフィール

horieamc

Author:horieamc
大阪にある動物病院、堀江動物医療センターのブログです。

最新記事
カテゴリ
堀江カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。