スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膀胱結石

こんにちは。獣医師の田中利幸です。

今回は、膀胱結石について書いてみます。

膀胱結石は、犬猫でよくみかけます。
症状は、頻尿(何回もトイレにいくけど、ポタポタとしか出ない )や血尿があります。

実は膀胱炎と同じ症状なのですが、膀胱結石の怖いところは、結石が詰まってしまうとおしっこが出そうにも出せない!!というところにあります。

おしっこが出せないと、なんで問題か?と言うと、
1. おしっこからの毒素で尿毒症になる(血液検査すると、腎臓の数値が上がってたり、カリウムが上がってたりします)。

2.溜まりすぎると膀胱破裂。

そのため、膀胱炎と結石による閉塞は区別しないといけません。

メスと比べると、オスの方が尿道が狭いので、結石が詰まってしまって、体調を崩すことが多いです。
特にオスで頻尿や血尿がある場合は気をつけて下さい。怪しいと思ったらすぐに病院で診てもらったほうがいいと思います。

膀胱結石は種類も様々で、レントゲンに写らないものもあります。治療も手術を勧める場合や、ご飯で管理する場合もあります。

ただし、ご飯で管理していても、ご飯を与えている間に何回も結石が詰まってしまう場合は、早めの手術も必要かもしれません。

いづれにしても、個々の動物の状態、環境、オーナー様の考え方によって治療方法は変わると思うので、具体的な治療方針については、獣医師と相談した方がいいと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。
獣医師の衣田です!!

もう、すっかりお正月の雰囲気も去ってしまいましたが、
ひとまず写真をアップしてみます(笑)

おせち1
おせち2

正月を迎えおせち料理を食べると、
今年も1年頑張っていこう、と気持ちが引き締まりますね^^



最近はめっきり寒くなったので、
診察に出てもあまり水分をとらずに脱水気味のコが多い気がします
特にネコちゃんはおしっこが濃縮されやすく、膀胱炎や腎臓病になりやすいので気をつけたいですね。

お水を飲んでもらう方法としては、
例えば・・・
 ・ お水の箇所を増やす
 ・ 器を変える
 ・ 少し温くしてみる
 ・ ご飯を缶詰にしてみる

などがあります。
そのコに合わせたあげ方を探してみてあげて下さい♪



今年1年がみなさまにとって、良い1年になりますように
プロフィール

horieamc

Author:horieamc
大阪にある動物病院、堀江動物医療センターのブログです。

最新記事
カテゴリ
堀江カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。